出産で開いた骨盤が全ての原因

*

産後の不調の全て

当サイトでは、産後に起こる体調の変化や不調の症状と、その原因、解消法を紹介しています。

骨盤の緩みが身体の不調をもたらす

kotuban

産後になると骨盤が緩くなりやすく、それに伴い体に不調をもたらすことがあります。これは姿勢を整えるために大切な場所であるために、緩い状態が続いてしまうと、姿勢が乱れてしまったり、また肩こりを引き起こしてしまうことになるのです。

通常であるのならば、産後は出産で消費した体力を回復させるために、消費カロリーが増えているために、痩せやすい状態になっています。しかし骨盤が緩くなっており、内臓が前の方に出ている状態になります。これにより、異常な食欲を感じてしまったり、また内臓の働きが悪くなってしまうために、太りやすい状態になるのです。

そのため産後においては、消費カロリーが多いからといい、何も対策を行っていない状態になると、出産で消費した体が回復した状態にあると、急に太りやすくなってしまうのです。

骨盤が大切なのは、しっかりと体を支える場所であり、また内臓の位置を調整するために必要な場所だからです。そのためこの場所が乱れてしまうことになると、体のあらゆる機能に障害をもたらしてしまうことになります。特に妊娠中は常に骨盤が開いている状態を維持し続けているために、産後はこの周辺の筋肉がとても弱くなっているのです。

太らないために大切なことは、産後に積極的に骨盤周辺の筋肉を鍛えることです。そのためには普段からもも上げを行ったり、また日常生活で腹筋を意識して使用し続けることが、急激に太ってしまうことを防ぐことに役に立ってくれます。

骨盤の緩みが身体の不調をもたらす 関連ページ

生理開始までの期間
出産後どれくらい経過すると生理がはじまるのでしょうか。実はかなり人により違いがあるのですが、大体出産後8か月以 […]
恥骨痛は筋トレで解消する
産後は、赤ちゃんに栄養を取られることによる栄養不足や、いつもと違う体内の様々な要素によって体調が変化してしまう […]
開いた骨盤を正して出産太りを防ぐ
産後には多かれ少なかれ、体重が増えるという人が多く、出産後は気のゆるみや、育児の大変さからなかなかダイエットに […]