骨盤や恥骨の接合部に支障を改善する

*

産後の不調の全て

当サイトでは、産後に起こる体調の変化や不調の症状と、その原因、解消法を紹介しています。

恥骨痛は筋トレで解消する

chikotutuu-kiji

産後は、赤ちゃんに栄養を取られることによる栄養不足や、いつもと違う体内の様々な要素によって体調が変化してしまう事が多く、歯がかけてしまったり、髪が抜けたりと、女性にとって辛い症状が多く発症してしまいます。

恥骨痛もその症状の一つで、これについては、子供を産む時に骨盤が開くことによって炎症が起きているのではないかという風に思われがちですが、実はホルモンバランスの不具合が大きく影響しています。

女性ホルモンというものは、女性にとって大切なものを全て担っていると言っても過言ではないほどで、骨盤や恥骨などの接続部分を正常に保つという働きもしています。

ですから、産後、女性ホルモンが減少する事によって、恥骨の接続部分にも支障をきたし、正常な形を保てずにずれてしまし、恥骨痛などの辛い痛みを発症するという仕組みになっているわけです。

さらに、お腹の中に赤ちゃんがいる時、お腹がいつもより大きく膨らみ、重量ももちろん増えますから、それを支える周辺の関節に負担が掛かってしまうというのも事実で、産後、その重量が減っても、一度負担を抱えた部分には、その後も不調が出てきてしまうのは仕方のない事です。

どの部分においても、骨を支えているのは筋肉で、高齢になって、骨が弱くなるのは支える筋力が弱るのもひとつの原因です。その原理から考えても、やはり対処法としては周りの筋肉を鍛えるというところにありますから、下半身の筋トレ解消していくというのが一番でしょう。

恥骨痛は筋トレで解消する 関連ページ

生理開始までの期間
出産後どれくらい経過すると生理がはじまるのでしょうか。実はかなり人により違いがあるのですが、大体出産後8か月以 […]
骨盤の緩みが身体の不調をもたらす
産後になると骨盤が緩くなりやすく、それに伴い体に不調をもたらすことがあります。これは姿勢を整えるために大切な場 […]
開いた骨盤を正して出産太りを防ぐ
産後には多かれ少なかれ、体重が増えるという人が多く、出産後は気のゆるみや、育児の大変さからなかなかダイエットに […]